WEB予約
MENU

診療案内

Medical

胃カメラ検査

胃カメラ検査は、口や鼻から先端にカメラが搭載された内視鏡スコープを飲み込み、食道や胃・十二指腸を直接観察する検査です。

逆流性食炎

胃酸が胃の内容物と共に食道中に逆流する事を胃食道逆流症といい、逆流により食道の粘膜に炎症が生じたものを逆流性食道炎といいます。

胃癌・胃ポリープ

胃に発生するがんの事を胃がんと言います。日本人に好発する胃がんの約95%が腺がんに該当し、胃の腺がんは胃液を分泌する胃壁の粘膜が癌化したものとなります。

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は人間の胃の中で生息する細菌であり、近年の医学の発達によって胃がんの発症や胃潰瘍の発症にピロリ菌感染が深く関わっている事が分かりました。

大腸カメラ

大腸カメラ検査では、肛門から先端にカメラが搭載された内視鏡スコープを挿入して肛門から盲腸までを直接観察する検査です。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは、お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヶ月以上続く状態の時に考える病気です。大腸に腫瘍や炎症などの病気がないことが前提となります。

便通異常(便秘&下痢)

過敏性腸症候群とは、お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヶ月以上続く状態の時に考える病気です。大腸に腫瘍や炎症などの病気がないことが前提となります。

血便・便潜血検査

出血といえば真っ赤な色をイメージしがちですが「鮮紅色(血を多く含む鮮やかな真っ赤な色)」以外にも、「粘血便(粘液の混ざった赤色)」「暗赤色(薄暗い赤色)」、「黒褐色(海苔の佃煮あるいはイカ墨様)」など色調は様々です。

大腸癌&大腸ポリープ

大腸癌は腸管内で発症した小さなポリープが癌化したもので、大腸や直腸内の組織に広がっていきます。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎&クローン病)

準備中です。

内科・生活習慣病

風邪症状などの急性疾患から生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く対応致します。

消化器内科

消化器内科とは食道、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓、胆嚢をはじめとした消化器で発症する病気を専門的に診る診療科目です。

循環器内科

準備中です。

予防接種・健康診断・がん検診

準備中です。

pagetop